開発エピソード

弘前大学 渋谷教授よりメッセージ

渋谷教授

青森県は日本有数のナマコ産地です。その地の利を生かして弘前大学ではナマコ研究センター(現ナマコ研究部門)を作り、ナマコについて研究をしてきました。

ナマコは人体にどんな影響があるのか、ナマコに関わる新製品開発や販売方法、そしてナマコを如何に増やすか、さらにはナマコと海環境の関わりなどを研究してきました。とりわけナマコの成分は人体等にどんな効能があるのかがこれまでの研究の大きな柱です。

これまでは、ナマコに含まれる成分の確認、そして脂肪増加との関係、血糖値との関わり、がん細胞への影響、そして真菌への効果を解明してきました。これらの研究は青森市の研究助成や今回ナマコカプセルを開発した株式会社大豊との共同研究によって行われてきました。

とりわけ今回開発・販売するナマコカプセルは弘前大学の教員と株式会社大豊との連携によって取り組んできた研究成果を生かしたものです。ナマコカプセルは日本産ナマコの独自利用を目指して開発されたものです。これまで私たちが行ってきたモニター調査ではナマコカプセルが利用者から高い評価を得てきました。

弘前大学のナマコ研究の目指すところは、ナマコを漁業のみならず地域産業に生かしてゆくことです。漁業者と企業との橋渡しをすることが私達の役割です。弘前大学発の技術や研究成果が企業や漁業者が利用してくれることをうれしく感じます。